| English

大使室から

大使館の活動の記録はこちらNEW



 小林大使の着任挨拶


 皆様はじめまして。新たな駐オマーン・スルタン国日本大使に任命されました小林利典です。2018年10月17日,オマーン女性の日に着任いたしました。

 オマーンは豊かな自然に恵まれた国であり,美しい海や3千メートル級の山々,更に緑豊かな高原地帯を国土に有する風光明媚な国であります。また,アジアとアフリカを結ぶ交通の要衝にあり,古くから海洋国家として繁栄しました。かの有名なアラビアンナイトに登場するシンドバッドは,オマーン北部の港町ソハールから出航したと言われております。このような豊かな自然と長い歴史が,温厚で親しみやすいオマーン人の性格を育んできたのだと思います。

 また,オマーンは,温和で寛容な国民性と,英明なカブース国王による平和と対話を基礎とする賢明な外交政策により,長年に亘って平和と安定を維持しております。更に,アジアとアフリカを結ぶ経済的要地にあることから,オマーンは現代においても,この地域における経済の中心地としての大きなポテンシャルを秘めています。加えて,観光資源や漁業資源も豊富であり,今後海外からの投資も加速することが予想され,日本でも様々な側面で注目され始めています。

 私は,日本大使として,この魅力あるオマーンと日本の友好関係と相互理解の促進に努めつつ,特に,これまで経済畑を歩んできた私自身の経験も活かしながら,日・オマーン両国の経済関係発展のために力を尽くしたいと思います。

 最後になりましたが,日本人・日本企業がこの地で安心して生活し,経済活動を営んでいけるよう支援することは,日本大使館の重大な使命と考えております。このため,館員一同,全力を挙げて取り組んで参りますので,皆様の理解とご協力をお願い申し上げます。

2018年10月 駐スルタン・オマーン国特命全権大使
小林 利典



歴代在オマーン国日本大使

第13代 小林 利典(2018年10月17日~)

第12代 齊藤 貢(2015年12月2日~2018年9月19日)

第11代 久枝 譲治(2011年10月14日~2015年11月20日)

第10代 森元 誠二(2008年6月24日~2011年9月22日)

第9代 大森 敬治(2005年3月6日~2008年6月8日)

第8代 萩 次郎(2001年11月16日~2005年2月19日)

第7代 神長 善次(1998年9月30日~2001年10月29日)

第6代 香田 忠維(1995年11月12日~1998年6月7日)

第5代 伊集院 明夫(1994年1月25日~1995年10月24日)

第4代 塙 治夫(1991年8月21日~1994年1月9日)

第3代 小原 武(1989年4月15日~1991年7月10日)

第2代 古川 清(1986年3月3日~1989年1月5日)

初 代 加藤 淳平(1983年3月10日~1986年1月17日)



≪ページトップへ≫